希少で独特な香り!【コピ・ルアク】幻のコーヒー豆(無農薬)を自宅で。

美味しいもの

コーヒー好きの方なら聞いたことがあるかな?

幻のコーヒー豆と呼ばれる
『コピ・ルアク(Kopi Luwak)』

 

”コピ・ルワック”や”コピ・ルアック”などと
記載されることもありますね。

 

幻のコーヒーと呼ばれるだけあって、
産出量が少なく、希少性が高いため高額なんです!

 

なかなか一般に出回ることも少なく、
飲んだ経験ある人も少ないかなと・・。

 

で、今回はAmazonで購入できる
コピ・ルアクのコーヒー豆を見つけたので紹介しておきます!

 

ちょっとお高いんですけどね・・笑。

 

スポンサーリンク

契約農家&無農薬の希少価値コーヒー


【天然】自家焙煎コーヒー豆 コピルアック (豆のまま) (500g)

 

今回見つけたコーヒー豆、

コピ・ルアクコーヒーの本場、
インドネシアのバリ島の契約農家で生産された

無農薬栽培のコピ・ルアクなんです!

 

年間わずか100kgしか生産されていないものだそうです。

 

「安全&希少価値」のあるコーヒー豆ですね。

 

そもそもコピ・ルアク(Kopi Luwak)って?

 

コピ・ルアクの由来

『コピ・ルアク』とは、

インドネシア語で”コーヒー”を指す『コピ』
”マレージャコウネコ”の現地の呼び名『ルアク』

からきています。

スポンサーリンク

 

コピ・ルアクってどんなコーヒー?

これ実は、
「ジャコウネコのフンから採れる」

コーヒー豆なんです!

 

ジャコウネコが食べたコーヒーの実の種子にあたる
コーヒー豆は、消化されずにフンとして出されます。

そのフンの中からコーヒー豆を取り出し、
洗浄・乾燥し焙煎したものなんです。

 

ジャコウネコの消化酵素や腸内細菌によって
独特の香りになると言われています。

また、カフェイン含有量も
通常のコーヒーに比べ約半分程度になります。

 

世界でもっとも高価なコーヒーとされていますし、
その希少性そのものが魅力といえるコーヒー豆です。

 

独特な香りやコクは、
コーヒーファンであれば
一度は味わってみて欲しいものですね。

 

>>プロ級の味が楽しめるコーヒーメーカー<<

 

ページが見つかりません