プロ級のコーヒーが飲める!ツインバードの究極のコーヒーメーカー

家電製品

美味しいコーヒーを家で手軽に飲みたい!

 

でも、いろんなメーカーが出しているし
どれがいいのかイマイチよくわからない・・。

 

そんな方のために、

プロ級のコーヒーが飲めるコーヒーメーカーを
発見しましたよ!

 

それが、

ツインバード社の全自動コーヒーメーカー
【CM-D457B】です。

 

 

もちろんミルが内蔵されていて
豆からおいしいコーヒーを抽出してくれます。

少しお高いですが・・笑

 

スポンサーリンク

ツインバード【CM-D457B】とは?

 

このコーヒーメーカー【CM-D457B】は、
コーヒー界のレジェンド・田口譲氏による監修で作られました。

 

田口氏は『バッハ・コーヒー』代表で、
NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」
に出演したこともあるコーヒーのプロ。

 

  • 豆量
  • 粒度
  • 水量
  • 湯温
  • 蒸らし時間
  • ドリッパーリブの高さ

などなど、

田口先生の監修で
全ての工程を正しい作法で入れるように丁寧に再現してあります。

 

『プロの技を正確に表現』してあるのです!

 

コーヒーメーカー【CM-D457B】のコーヒーがおいしい理由

 

低速臼式フラットミル搭載

コーヒー豆を均一に挽くことができ、
挽き方も、粗・中・細の3段階に調節ができます。

 

お好みによって変えられるのがいいです。

 

2段階の湯温設定が可能

ありそうで意外と見かけないのが、
この2温度設定の機能。

83度と90度から選べます。

このちょっとした違いが大きな違い、
なんですよね・・。

 

抽出温度はコーヒーの味を決める
もっとも重要な部分だと言われていますし。

 

深煎りは83度で、浅煎りは90度で。
などなどこだわってみるのもいいですね!

ちなみに田口氏の推奨は83度の方だそうですよ。

スポンサーリンク

 

6ヶ所からお湯を注ぐシャワードリップ

 

お湯を注ぐ際に、6ヶ所から内側へ向けて
斜めに注がれるシャワードリップを採用。

プロが手でお湯を注ぐのを再現しています!

 

組み合わせでいろんな味が楽しめる

豆の挽き方やお湯の温度などで
いろんな組み合わせを楽しめます!

豆の銘柄による違いも、
自分好みのベストの味を探すのも楽しいですよ。

 

五感で楽しむコーヒーメーカー

ツインバードの【CM-D457B】は、
あえて五感で楽しめるように工夫されています。

 

豆を挽く音、挽かれた豆が落ちてくる様子、
挽かれた豆の香り、お湯によってふくれる豆の様子、

そして、お湯が注がれたコーヒーの香り・・。

 

コーヒーの味にも雰囲気にもこだわった、
『自分だけの究極の一杯』に出会える!

そんなコーヒーメーカーですね。

 

(挽かれたコーヒー豆が少し飛び散ってしまう場合があります。)

>>デカフェ豆を美味しく入れる
パナソニックのコーヒーメーカー<<